TAFE付属語学学校

お客様の声

TAFE_Language_01 TAFE_Language_02

(1)クラスの人数と国籍:
現在クラスはintermediate class で11人います。基本的には10人くらいみたいです。国籍はベトナム、タイ、コロンビア、トルコ、モンゴルなどで、うちのクラスは特にベトナムが多いです。どこのベトナムとタイ、中国人はいますね。割合ベトナム人が多いように思います。クラスの中の比率で言うと、ベトナム4人、タイ2人、その他1人ずつといった感じでしょうか。ほかのクラスはベトナムやタイ人が2~3人はいて、その他の国籍が混じっているといったイメージでいいと思います。ちなみに自分の知っている限りでは日本人はTAFEに4人でまれに顔を合わせますが基本的にはクラスが同じにならない限り接することはありません。

(2)学校の設備と環境:
授業はスライドで大きくホワイトボードに映し出されるといった感じで、見やすいです。学校自体は古いですが、建物自体はそれなりにきれいです。図書館が長い時間空いていること、授業以外にもエキストラでクラスに参加できること、リスニングのトレーニングラボがあることからも勉強する環境は整っていると思います。図書館でパソコンはいくらでも使えます。自分は最初、午後のクラスだったのですが、午前のクラスに変更してもらい、今は、午前は授業、午後エキストラのクラス(conversation, writing など)に参加したり、図書館で勉強したりしながら1日を過ごしています。クラブもあって違うレベルのクラスの人たちと一緒にスポーツをしたりすることもできます。先生は、フレンドリーな方が多いです。丁寧に教えてくれますし、相談ごとは何でものってくれます。ここに関して不満はまったくありません。日常生活を含めて自分以外の日本人とかかわる機会がほとんどないので環境的にはいいと思います。その分何かと大変なことはたくさんありますが。ひとつ問題点を挙げるとすれば、ベトナム、タイ、中国など特定の国の人が多い傾向にあるところでしょうか。彼らも英語を学びにきているので授業中にベトナムやタイの言葉が教室ないを飛び交うといったことはありませんが、休み時間などは母国語で話している生徒もいます。自分はこの環境のおかげでタイ語とベトナム語を少しだけ話せるようになりました(笑)要するに自分次第といったところでしょうか。

(3)生徒への対応:
自分がシドニーに来たときはほぼ英語が無の状態だったので、すべて英語の環境にはかなり苦労しました。今もですが。基本的に先生方は丁寧に説明してくれます。が、こちらが英語がどうしても理解できないとき日本人がほとんどないため結構苦労しました。伝えたいことが伝わらずうまくいかないことがなんどもありました。授業中に困ることはまずありませんが、手続きをしなければならない場合は特にです。もちろんMayさんをはじめYukiさんのアドバイスをいただいて解決することができると思いますが、その場で少しがんばらないといけない状況があることも確かです。(自分のように英語ができない方はですが(笑)。あと、授業内容についても少し。
ほかの語学学校の事はわかりませんが、今やっている授業は5週間で1括りになっています。内容は、テーマに沿った会話やレポート課題、テスト、プレゼンなどが入っています。クラスが上になるほどプレゼンが増えるみたいです。テストは結構シビアで、できなければ、スキルが達していなければ、容赦なくもう一回このクラスを受けてね。といわれます。なので、妥協がない分語学力は確実につくと思います。

(4)TAFE付属語学学校を検討されている学生さんへのアドバイス:
結論からいうと、自分はここにきてよかったと思っています。あくまで自分の語学レベルで自分が感じたことですが、

メリット:
日本語を話す環境がほとんどない(日本人が少ない。またはクラスにいない)
設備が整っている
立地がいい。CITYにあるため何かと便利
建物がおしゃれ
先生が丁寧

デメリット:
アジア圏の国で偏りがあることがある
先生によって課題の量の違いがあったり教え方にムラがあると上のクラスの人たちはいっていた
テストがシビア