福祉のスペシャリストに|専門留学・社会福祉ディプロマコース

日本に滞在する外国人数は年々増加しています。外国人の方々は、どのような福祉制度が利用可能なのか、生活一般に関して困った時は誰に相談すればいいのか、分からないことも沢山あり不安な生活を送っているかもしれません。

病院を退院した後のフォローアップや日常生活指導など、文化や言葉の違いにより、適切なサポートが受けられていない可能性もあります。

看護や福祉分野で働く方にとって、異文化間理解はとても大切な要素の一つとなりました。「経験に勝るものなし」自らが異文化に飛び込み、経験したことは日本で暮らす外国人の方々の気持ちに寄り添うことができると信じています。

 

社会福祉士の活躍の場

老人福祉施設、地域包括支援センター、自立支援相談員、児童相談所、児童養護施設、障害者支援障害者支援施設、病院などの医療施設、更生保護施設など

 

ストッツカレッジ・社会福祉士コース詳細

ストッツカレッジは 1883 年設立で今年 134 年目を迎えた、伝統あるプライベートカレッジです。 コースはメルボルン・シドニー・パースにキャンパスがあります。このコースは社会福祉分野でプロフェッショナルとして働くためのスキルと知識を習得します。

社会福祉士の仕事とは『日常生活に支援や介助を必要とする人々やご家族の方からご相談を受け、適切な制度(福祉サービス)をご紹介することにより、困っている人々が社会の中で幸せに生きていくために必要な援助』を提供する福祉のスペシャリストです。生活の質の維持・向上のためのサービスを社会的に提供します。

コースには 400 時間の実習が含まれ、学生の興味のある分野での実習先をストッツカレッジが手配します。
 

コース期間 2年間
コースエントリー 1月・4月・7月・9月メルボルンは週4日〔夜間約4時間〕、シドニー&パースは週2日(終日)。*インテイクにより変更になる可能性あり。
コース費用 <2019 年>AU$18,000(1 年目:AU$10,000、2 年目 AU$8,000)*分割払い可能
入学金:AU$200
教材費:AU$400
入学に必要な英語条件 高校 3 年生以上の資格と英語力 IELTS 5.5 以上(または同等レベル、語学学校の修了証などでも可能です。)
キャンパス メルボルン、シドニー、パース
卒業に必要な単位 コース終了には16単位が必要です。必須科目8単位+選択科目となります。
必須科目 Develop and Implement Service Programs Develop Workplace Communication Strategies Analyse Impacts of Sociological Factors on Clients in Community Work and Services Manage and Promote Diversity Manage Legal and Ethical Compliance Facilitate Workplace Debriefing and Support Processes Reflect on and Improve Own Professional Practice Manage Work Health and Safety