Aged care施設でのAIN体験談 Fumiさん

お客様の声

kako-u787rl5burzxx5ydkako-hte5apsy0xavb7dq kako-xyzc0tpbzb1jujrl

(1) どのような施設でどのくらい働いていますか?:
今は2つかけもちで働いています。AINのCertificateは持っていません。両方ありがたいことに、知人の紹介で就職しました。Killara のプライベートの施設(105床)で働きはじめて4ヶ月ちょっと経ったところです。認知症の入居者がほとんどです。三ツ星というだけあって、豪華ホテルのように綺麗な施設です。週4-5回、5-7時間の短シフトで、Morning2回、Afternoon2回という感じで気分転換しています。1ヶ月半前から、派遣AINとしても働き出しました。こちらは夜勤が中心で、好きなときにオンコールにして、好きなときに休んでます。融通が聞いていいですね。仕事がないときは暇ですが、、、(T_T)

※FumiさんはすでにOETをパスしていますので、十分な英語力と日本の看護師資格と経験が雇用につながったのだと思います。

 

(2) 1週間のお給料はどのくらいですか?:
週給だと差が激しいんですが、月に$3500-5000、多いときは$6000くらいです。
内訳は、だいたい施設で$2500/月、派遣が$2500-3500/月です。

 

(3) AINを体験してよかったことは?:
まずは英語力のアップです。今まで英語でバイトをした経験すらなかったので、入居者さんとの関わり、同僚とのやりとりで、実際に医療現場で使える、生きた英語を学べていると思います。周りのRN, AINの英語を聞いて、いいものは取り入れ、逆に悪いものは反面教師、と思いながら働いています。言語に限らずケア内容もですね

それから、看護の基本に戻れたこと。日本の病院では忙しすぎてなかなかとれなかった患者さんとのコミュニケーションの時間も大事にできるし、施設では愛着のある入居者の方に毎日会えるので、病院とは違う楽しさがあります。

派遣では、施設や病院など色々な場所に行くので、違いを見るのもいいですし、様々な経験ができて飽きないですね。ドラッグユーザーたちのリハビリ病院での夜勤は、さすがオーストラリアだなと、少し緊張しました。(笑)
日本の看護助手とは違い、バイタル測定や血糖測定、コロストミーのケアもします。
今後RNになることを見据えているので、派遣先の人と仲良くなってはこれは何?教えて?と気になることは聞くようにしています。もう一度実習をしているような気分になって楽しいです。

それから、やっぱり嬉しいのは収入ですね。必ずオンタイムで終わる上、日本と比較すると仕事内容が楽なので、”こんなに休んでるのにこれだけお金をもらえるの!”と最初はびっくりしました。週2日以上は休んで、また派遣の電話がこない日は家でゴロゴロしたりプールで泳いだりヨガしたり料理します。笑

全体的に自分のための時間が増えてQOLが上がったことが1番収穫かもしれません。オーストラリア文化に感化されたのか、自分や家族、友達との時間を大事にして、リラックスする重要さことも覚えました。
日本では働きすぎてたんだなー、とよく思います。

 

(4) 職場で苦労したことは?:
同僚のなまった英語(ネパール人が多いです)、入居者の方や家族のオージーEnglishが聞き取れないことです。
もうここは開き直って、わからないことはわかるまで聞く。
逆に自分の英語も、相手に伝わるまで言い方を変えて工夫して伝える。と、徹底しています。ここはコミュニケーション能力ですね。

 

(5) AINに必要な英語力はどのくらいだと思いますか?:
中級の上レベル(IELTS5.5-6.0)
スピーキング、リスニングに関してはレベルが高ければ高いほどいいと思います。特に患者さんの家族に対しては、レベルが高いほうがお互いに安心ですね。

 

(6) これからAINとして働きたい日本の看護師さんにアドバイスお願いします。:
AINをする目的は様々かと思いますが、RN(正看護師)を目指している人は特に経験しておいたほうがいい仕事だと思います。オーストラリアでRNになる前にAINを体験することで、①オーストラリア英語に慣れる、②オーストラリア特有の文化や患者さんの特徴がみえる、③実際にRNと一緒に働ける、などの利点があります。オーストラリアに来る前は私も不安がありましたが、気合と度胸があればなんとかなるものです。長くなりましたが、ぜひAINとして楽しく働いて、オーストラリア生活をenjoyしましょう♪オーストラリアの医療、日本との違いを実際に体感してみてください!