看護留学

世界で活躍できるグローバルナースになろう!

  • オーストラリアで看護師として働きたい
  • 日本の看護師資格を活かして、AINとして施設や病院などで働いてみたい
  • 将来国際医療に携わりたい
  • 海外での経験を日本の看護実践に活かして、グローバル視点を持った看護師として活躍したい
  • 大学や大学院教育を受け、看護師としてのキャリアに繋げたい

 

看護留学経験のあるスタッフによるサポートで個々にあったプランを提供します!

日豪看護師ライセンスを持ち、両国で看護師として働いた経験のあるカウンセラーが、しっかりとあなたの留学をサポートします!RN取得のノウハウからOET準備コース・医療英語コース・看護研修コースなど、目的に応じた看護留学を提供しています。

Assist in Nursing(AIN=アシスタントナース)の資格取得で看護師としてのキャリアパス留学

  • 日本の看護師資格を活かして、AINとして施設や病院などで働いてみたい
  • 英語力+医療英語力+AIN経験を活かして帰国後は国際医療分野で活躍したい(JICAや国境なき医師団など)
  • AINを体験したうえでRN資格取得を考えたい
  • 海外での経験を日本の看護実践に活かして、帰国後はグローバル視点を持った看護師として活躍したい
  • 帰国後は日本で提供している医療通訳認定プログラムで学び、通訳者としても活躍したい

 

アシスタントナースと日本の看護助手との違いは?

日本の看護師さんなら看護助手さんのお仕事内容イメージできますよね?その業務内容は患者さんの検査の付き添い、ベッドメーキング、配膳、雑用などではないでしょうか?オーストラリアのアシスタントナース(AIN)の業務は日本の介護士のイメージがありますね。その役割分担も広く、バイタルサイン測定(血圧・体温・脈拍・呼吸数)、血糖値測定、胸腔ドレーンの時間ごとの廃液チェック、シンプルな創傷処置などAINができる業務です。老人介護施設だと日常生活動作(ADL)の補助全般を行います。食事・更衣・移動・排泄・シャワーなどはAINの業務となります。急性期AIN(Acute care)の資格は現地の病院でも働くことができます。オーストラリアでAINとして働くためには必ずサティフィケートⅢの資格が必要です。

 

アシスタントナースの体験をするメリットは?

  • 時給が良い(平均$18-25/時間)土曜、日曜、パブリックホリデーはアップ
  • 英語+医療英語力をさらに伸ばし、コミュニケーション力アップ
  • マルチカルチャーな環境で働くことにより、異文化間コミュニケーション、異文化間ケアを体験できる
  • AINを体験し、RNへのキャリアを考えることができる
  • 日本帰国後に国際医療分野での活躍のためのキャリアパス


bn-kango-w600
オーストラリア看護留学に関してはこちら